トピックス

最新のトピックス

2016年10月27日

東京支店 移転のご案内

お客様各位


拝啓 陽春の候 毎々格別のご厚情を賜り有難く御礼申し上げます。
このたび、弊グループは東京支店を下記に移転する事となりました。
これを機に社員一同なお一層社業に専念し、お客様のご期待にお応えする
所存でございますので、今後共倍旧のご支援ご愛顧を賜ります様、宜しく
お願い申し上げます。


移転先所在地  :  108-0014 

             東京都港区芝5丁目20-14  20-14三田鈴木ビル2F 

 電話             :    03-6459-4825(輸出)   

                         03-6459-4835(輸入) 

                             

  FAX                   :    03-5418-5518(輸出)             

                 03-5418-5519(輸入)           

                

  業務開始日      : 平成281114()


敬具

» 東京支店 移転のご案内

2016年08月15日

DOCK RECEIPTフォーマットの訂正について(ダウンロード)

お客様各位


拝啓 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配・ご用命を賜り、厚く御礼申し上げます。

今後ともより一層のお引き立てを賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、弊社のDOCK RECEIPTフォーマットの内容の修正を行いました。
(重量、メジャーに入力した数字の表記エラーを修正)

大変お手数をおかけし申し訳ありませんが、今お使いのDOCK RECEIPTより新しいフォーマットに差し替えをお願い申し上げます。

敬具

» DOCK RECEIPTフォーマットの訂正について(ダウンロード)

2016年08月10日

運賃、諸費用お支払方法の変更について

お客様各位


拝啓、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を承り、厚く御礼申し上げます。

さて、平成27年12月21日より弊社業務見直しに伴い、
D/O, B/Lカウンターでの現金および小切手の受取を廃止し
銀行振込のみと変更しておりますことを再度ご連絡申し上げます。

お客様には大変お手数をお掛けいたしますが、ご理解のうえご協力を承りますようお願い申し上げます。

敬具


» 運賃、諸費用お支払方法の変更について

2016年08月05日

東京CFS移転のご案内

お客様各位

拝啓
貴社ますますご盛栄の事とお慶び申し上げます。
毎々格別のお引き立てを賜りまして誠にありがとうございます。
このたびは株式会社日新の意向により、東京CFSを大田区平和島より、江東区青海へ
移転することとなりましたので、ご案内申し上げます。

*OPEN; 9/5(月)より 輸出貨物お引き受け、およびバンニング作業開始

*名称; 
株式会社日新 東京ロジスティクスセンター (略称:TLC)

*住所;
東京都江東区 青海3丁目4番19号
青海流通センター1号棟
(入口:4番、出口:3番ゲート ※添付の地図をご覧下さい。)
尚、倉庫は倉庫棟の1階、
事務所は北側事務棟の2階でございます。

*蔵置場名称;
株式会社日新 東京ロジスティクスセンター 保税蔵置場

*NACCS CODE; 1AW72 (NISSIN-TYO)
申告税関官署; 青海本関
TEL; 03-3528-0581
FAX; 03-3528-0588

★現、大井事業所でのお引き受けは9/2(金)までとなっておりますのでご注意下さい。
同日をもちまして、営業終了となるため、
9/2時点で大井へ搬入されている内貨・外貨貨物は
当方にて新CFSへ移動させて戴き、バンニング地は青海CFSとなります。
何卒ご理解の上、今後とも一層のご支援、ご指導の程、お願い申し上げます。
敬具

» 東京CFS移転のご案内

2016年06月06日

SOLAS条約改正に伴う輸出コンテナ総重量計測・申告義務化に関して

荷主様各位

    

SOLAS条約改正に伴う輸出コンテナ総重量計測・申告義務化に関して

         

 

謹啓

貴社におかれましては益々のご清栄のこととお慶び申し上げます。

又、平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申しあげます。                                                                                                                                      

 

さて、第94回海上安全委員会にて採択されたSOLAS条約(海上人命安全条約)付属書第6章の改正に伴い、201671日より、荷送人に対して船積み前のコンテナ重量計測並びに申告が義務付けられる事となりました。これに伴い荷送人は、条約において定められて下記2通りのいずれかにより計量・証明されたコンテナ総重量を、船積み前に船長または代理人に提供する必要があります。

 

【方法1

 貨物の積載のコンテナの総重量をヤード搬入前に、適切な総量計で計測する方法

【方法2

適切な計量計で個々の貨物、梱包材等を計測しそれらと空のコンテナ重量を足し合わせる事により、

確認する方法

 

確定総重量の連絡方法は、当面、各船社の搬入票を船積み予定船寄港ターミナルへ提出となります。

従来通り搬入票記載重量を確定総重量とし、搬入票署名欄に記載された署名者を総重量を確定した

届出荷送人又は登録確定事業者乃至その代行者であると見做されます。

コンテナ総重量や書名等必要情報の記載漏れは、場合により船積み出来ない事なり、発生した諸費用は

お客様のご負担となります。

 お客様にはお手数をお掛け致しますが、新規則遵守の重要性をご理解頂き、何卒ご協力を賜ります

様宜しくお願い申し上げます。

 

本件の関しまして詳しいくは下記、国土交通省にご確認の程、宜しく御願い申し上げます。                                  

 国土交通省海事局検査測度課危険物輸送対策室

 http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_tk8_000011.htm


 敬具

» SOLAS条約改正に伴う輸出コンテナ総重量計測・申告義務化に関して